着工17日目_基礎

基礎の外枠が組まれていました。
なんという作業かわ分かりませんが008.gif


f0330226_16405124.jpg

f0330226_1640535.jpg

f0330226_16405589.jpg

f0330226_16405694.jpg

[PR]
by kunihikosakakura | 2014-04-26 16:37 | 地盤改良 | Trackback

着工16日目_基礎

本日は砂利を敷いています。
更には、木枠で建物の基礎になる部分だと思いますが、囲いがされましたね。


f0330226_11310720.jpg
f0330226_11334638.jpg



[PR]
by kunihikosakakura | 2014-04-24 14:10 | 地盤改良 | Trackback

着工15日目_仮設工事

いよいよ基礎工事の準備が始まりました。敷地全体を囲い、仮設のトイレも設置されました。
ちなみに、看板写真の手前に移っている電柱も移設予定で、今日NTTと移設箇所の最終確認予定。




f0330226_8394240.jpg

f0330226_8394427.jpg

[PR]
by kunihikosakakura | 2014-04-23 08:35 | 地盤改良 | Trackback

着工9日目_地盤改良終

先日完了しました。
結局2日で作業はおわりました。
杭は24本。
均一の格子にはなっていないので、私の家自体の形状に合わせた基礎と重さ
などを考えられてこのような配置になっているのではないかと思います。
今後これの上にどんな基礎がつくられ建っていくのかはご期待下さい!


f0330226_14395920.jpg

せっかくなので形状改良工事も何種類かあるそうなのですが、私の家でおこなったものはこちらです。
【タイガーパイル工法】
ソイルセメントコラム工法(深層混合処理工法)の優れた支持力と、付着力特性を高めるため、段付き形状の鋼管を芯材として採用することにより鋼管のメリットを合せて高性能を実現しているそうです。
f0330226_17155296.jpg

<a href="http://house.blogmura.com/ranking.html" target="_blank"><img src="http://house.blogmura.com/img/house88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 住まいブログへ" /></a><br /><a href="http://house.blogmura.com/ranking.html" target="_blank">にほんブログ村</a>

[PR]
by kunihikosakakura | 2014-04-17 14:37 | 地盤改良 | Trackback

着工8日目_地盤改良2

地盤改良が終わりました。

支柱は24本。現場の責任者の方とも話ができ、丁寧に説明もしていただき、これだけしっかりと支柱いれてあれば大丈夫ですよ御墨付きいただきました003.gif
支柱は地面から10センチほどでています。一般的には地面より低いところで均すのが多いみたいですが。
次の工程も考慮しての対応だそうです。

f0330226_8405183.jpg

[PR]
by kunihikosakakura | 2014-04-16 08:35 | 地盤改良 | Trackback

着工7日目_地盤改良 1



地盤改良(柱状改良)が始まりました。
家を建つ基礎の前段階です。家を建てるには土地の強度というのがとても重要になります。
今回の私の家はその強度が低いという結果がでて、家を建てるにはこの地盤を強化する必要がありました。

柱状改良とは
軟弱地盤が2メートル以上8メートル以下の場合に用いられる方法で、
土の中にコンクリートの柱を造ってしまう方法です

土地の地盤が弱いため色々と考慮した結果、8mくらいの支柱を十数本打つことでこの土地でも家を建てることが
できるという状態になりました。

工事が始まって気がつくことなどもあり、実際に掘ってみると水がでてきたりと^^;
支柱(柱の径は60センチ)は先にコンクリートを流しこみ、更に中心にも鉄棒をさすといった感じ。
まるでアイスの棒のようなものがささってる状態です。
この丸いのが支柱です。工事が完了した際は更地にどんな感じになったかはまたアップします~

f0330226_8502342.jpg

f0330226_23343007.jpg



[PR]
by kunihikosakakura | 2014-04-15 08:38 | 地盤改良 | Trackback