解体工事_滅失証明

今日は工事もお休みななので、
解体工事後に自分で行った続きの処理がありましたのでこちも記録しておきます。

これも正式に司法書士に依頼をすると3~4万は平気でとられますが、書類さえ揃えれば
簡単に自分でできますのでまずは下記の書類を揃えて法務局へ行ってみましょう。

私でもできましたので必ず誰でもできると思います。

解体工事が無事に完了しますと、法務局に
滅失証明の発行を依頼する必要があります。

それをもらうために必要な書類がいくつかあります。

■解体業者からもらうもの
・取り壊し証明書(滅失証明書)
・法人の会社登記事項証明書
・法人の印鑑証明書

■自分が用意するもの
・案内図の作成(グーグルマップでも大丈夫)コレは法務局の方が現地確認に使うもの
・滅失登記申請書の作成(これは自分で書きます。フォーマットはWEBでもあります)

※事前に法務局で手配すること
・登記事項証明書(上記滅失登記申請書を書くのに必要なもの)


これらを書類の不備がないと、法務局が一旦預かり、実際に家が
取り壊しがされているかどうかを現地に見に行くそうです。
問題なければ2日程度で書類を発行してもらえます。
(実際私は2日で発行してもらえました)

いろいろと自分で経験をしてみるというのはとても良いことだと
思います。ケチるということではなく勉強になります。

これを用意して土地と建物の所有者自身が行く必要があります。
今回はシンプルに私が行ったものだけを書いておりますが
郵送での対応や代理人のやり方もあるので、そちらに興味が
ある方は調べてみてください。


f0330226_16501064.jpg


[PR]
トラックバックURL : http://chuumon.exblog.jp/tb/21833503
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kunihikosakakura | 2014-03-31 16:57 | 解体工事 | Trackback

23区内で家を建てることを決めてからの立ち上がるまでの様々な記録。自分自身の振り返り用記録とこれから注文住宅で建てたいと思う人が、注文住宅で家を建てるとどんなステップがあるのか?ということの参考にしてもらえればと思っています。趣味のオートキャンプ(主にファミリー向け)も2015年度から記録して行こうと思ってます。


by 923
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30